香港旅行記
 
旅行期間:2004年11月3日〜4日

この時期恒例の上海蟹をはじめ、香港で食い倒れて来ました。

★旅程★
11/3 成田→香港(老上海飯店で上海蟹三昧)
11/4 (映月樓で飲茶三昧)香港→成田

11/3 成田→香港(老上海飯店で上海蟹三昧)
この日は週の真ん中の祝日という中途半端な休日で、成田空港は然程の混雑では無かったが、なぜかJL香港線はビッシリ満席(-_-)
何とか前方通路側を確保してもらったものの、香港までの窮屈な4時間半を過ごす。

香港行JL731便 B747-400型機(成田空港にて)
 
香港到着後、まずは尖沙咀のホリデイインにチェックイン。
オフ会の集合時間まではまだかなり時間があるので、香港島に渡って中環地区をぶらぶらと散策。
ちょっと小腹が空いたので、香港に来たら必ず食べなければ気が済まないものの1つである(笑)雲呑麺をすする。
雲呑の中にたっぷり詰まっているエビのプリプリ感と、細く縮れた麺のシコシコ感がたまらない(≧▽≦)

雲呑麺
 
18時半にホリデイインのGFロビーでみいまんさんと待ち合わせて、昨年と同様、灣仔の世紀香港酒店B1Fにある「老上海飯店」へ。
レストランの入口には、活きたまま縛られた上海蟹君たちが山積みになって待ち構えており(笑)、まずはその中から蟹を選ぶ♪
はじめは大きめの蟹1匹を2人で分けようかと思っていたのだが、店の人曰く「小さいのを1匹ずつ頼んだ方が得だよ。」とのことなので、1匹160香港ドルの中サイズの蟹を2匹注文。

店頭に陳列された上海蟹
 
上海蟹が蒸し上がるまでの間、前菜&ビールのつまみとして、生きた上海蟹を紹興酒に漬け込んだこの店の名物「醉蟹」(通称:酔っぱらい蟹)と、塩漬けにした豚肉を煮こごりにしたような「鎮江肴肉」(これまたビールがすすむ♪)を注文。
 
醉蟹(酔っぱらい蟹) 鎮江肴肉(豚の煮こごり)
 
そうこうしてるうちに、上海蟹が蒸し上がってきたので、いよいよ“戦闘”開始(笑)
中サイズとはいえ、身とミソはたっぷり詰まっていて、食べ応えは十分♪(^0^)
確かに店の人の言ったことは間違いじゃなかった!(^^)
上海蟹が不漁だった昨年と比べると、今年の上海蟹は全般的にお値段安めで、味も良いように感じた。

 
蒸し上がった上海蟹 解体された上海蟹(ミソがたっぷり!)
 
上海蟹との1対1の格闘が終了した後も、いろいろ料理を注文し、お腹いっぱいになる(^0^)
 
清炒荳苗(豆苗炒め) 小龍包(上海料理と言えばこれ!) 家常豆腐
 
2次会は、トラムに乗って中環地区へ移動し、お洒落なバーやレストランがひしめきあう、とても香港とは思えない雰囲気の蘭桂坊(ランカイフォン)のバーで軽くビールを飲む。

その後、スターフェリーで半島側に渡り、尖沙咀のプロムナードから定番の夜景を眺めて、この日は終了。

 
トラムの車窓から 蘭桂坊にて 尖沙咀のプロムナードから望む香港島の夜景
 

11/4 (映月樓で飲茶三昧)香港→成田
香港の朝はやっぱりお粥!
香港にお粥屋は星の数ほどあるが、わざわざMTRに乗って旺角まで行き、花園街街市3F熟食中心にある「妹記生滾粥品」へ食べに行く(^^;)
ここのお粥の具の量と素材の新鮮さはピカイチで、さらにこの店の名物の「魚皮」(ボラの皮を湯引きしたもの)はコリコリした食感で絶品♪(^^)
この店に来るのはすでに3回目で、すっかり贔屓になってしまった。
ここのお粥はわざわざ足を運んでも食べに行く価値はあると思う。

 
妹記生滾粥品の店頭にて 魚[月南]粥と魚皮(妹記生滾粥品)
 
再び尖沙咀に戻り、プロムナードに新装オープンした「Avenue of Stars」という、ハリウッドの「Walk of Fame」の如く、香港のスターたちの手形が刻印されたプレートが埋め込まれ、また様々なモニュメントが並ぶ散歩道をそぞろ歩き。
 
     
尖沙咀のプロムナード「Avenue of Stars」にて
 
続いて九龍公園を散策。
平日の昼間なので空いてるかと思いきや、遠足に来ていた子供達がいっぱいいて、休日よりも騒がしかった・・・(^^;;

 
     
九龍公園にて
 
今回の旅を締めくくるオフ会第2弾は飲茶♪
そんなわけで、今回は香港でも指折りの有名店の1つである「映月樓」へ。
平日とは言え、超人気店のため、開店時間(11時)直後に店の前でみいまんさんと再び待ち合わせる。
さすがにこの時間だと予約なしでもすんなりと入れた。
この店は当然日本人旅行者も多くて、ワゴンを押すおばちゃんたちも「エビ!」「ハルマキ!」「ヤサイ!」など日本語を駆使?しながらいろいろと勧めてくる(笑)

 
     

映月樓で食べたものいろいろ
 
     

飲茶を堪能した後は、スターフェリーで中環へ渡り、エアポートエクスプレスは高いので乗るのはやめて(^^;)、チープかつリーズナブルな東涌線+バスの乗継ぎルートで空港へ向かう。

出発ターミナルでみいまんさんと別れ、チェックイン&通関の後、いつもの如くスタアララウンジをハシゴする(笑)

帰路のNH910便もかなりの搭乗率だったが、私の隣席はブロックしてくれたらしく空席で楽チンだった(^^)

 
UAレッドカーペットクラブラウンジにて TGロイヤルオーキッドラウンジにて 成田行NH910便 B777-200型機
 

---おしまい---
 

★旅のデータ★

◆フライト
JL731 Y 03NOV NRTHKG 0950 1355
NH910 Y 04NOV HKGNRT 1525 2015
 JL:日本航空、NH:全日空
 Y:エコノミークラス
 NRT:東京成田、HKG:香港


◆チケット
【成田〜香港】
 JAL特典航空券Yクラス「北京〜東京//沖縄〜東京〜香港」(20000マイル+TAX)の残り
【香港〜成田】
 ANA特典航空券Yクラス「香港〜東京〜沖縄〜大阪〜札幌〜東京〜杭州」(20000マイル+TAX)を使用開始

◆宿泊
Holiday Inn Hong Kong - Golden Mile
シングル:1,100香港ドル(税サ別)-----Six Continents HotelsのWEBサイトより予約
ホームに戻る