ソウル旅行記
 
旅行期間:2007年5月26日〜27日

毎年恒例のソウルオフ会で食いだおれ&飲みだおれしてきました。

★旅程★
5/26 羽田→金浦
5/27 金浦→羽田

5/27 出発〜漢江遊覧船〜オリンピック公園〜COEXモール〜オフ会
今回のソウルも往復羽田発着ということで、ほとんど国内旅行の感覚で、出発の1時間ほど前に羽田の国際線ターミナルに到着。
金浦行きJAL8831便の機材は、韓国のイメージとは似ても似つかぬB747-200リゾッチャ(通称ボロッチャ:笑)で、個人モニターはおろか、MAGICも何にも付いていない、ある意味貴重な老いぼれ機材(笑)
今や活躍する路線はもう他になくなった?らしく、この機材が羽田〜金浦を毎日2往復しているらしい。

 
羽田空港国際線ターミナルにて 金浦行きJAL8831便(羽田空港)
 
金浦空港から地下鉄に乗って鍾路3街へ向かい、定宿の花星荘にチェックイン。
週末は確か1泊3万ウォンのはずだったが、2万5千ウォンでいいよと言われる。ラッキー♪(^^)

お昼は、仁寺洞にあるスンドゥプチゲ専門店で、海鮮スンドゥプチゲを食べる。
6000ウォンでボリュームたっぷりで満足。

 
     
花星荘モーテルにて 海鮮スンドゥプチゲ定食
 
この日は天気がとっても良かったので、地下鉄に乗ってヨイナル駅へ。
漢江公園から蚕室まで漢江遊覧船のクルーズを楽しむ。

 
     
漢江遊覧船クルーズ
 
1時間ちょっとで蚕室の船着場に到着。
ここから歩いて、2ヶ月前のソウル国際マラソンのフィニッシュ会場だったオリンピック公園を散策。

 
     
オリンピック公園にて
 
オリンピック公園から地下鉄に乗り、お隣の三成駅で下車。
別に何も買うものはないが、COEXモールの中をぶらぶらと歩く。

 
     
COEXモールにて
 
そして、いつものオフ会会場である新沙駅へ向かう(今回は参加者が多かったため現地集合)。
ちょっと早めに着いてしまったので、駅近くのPCバン(ネットカフェ)で時間をつぶす。

18時に新沙の駅に集合。
今回は昨年を大幅に上回る16名の参加者で、しかも半数以上が初対面の方々。
そんなわけで、毎度お馴染みのプロ・カンジャンケジャンへ大群で押しかけ(笑)、2階の広いお座敷へ上がる。

今年は不漁のせいか、カンジャンケジャンは時価となっていたが(汗)、2匹分50000ウォン(大サイズは75000ウォン)とこれまでと同じ値段でホッとする(^^;)
お味の方は、ちょっとタレに漬かり過ぎているせいか、いつもよりちょっと味が濃い気がしたが、蟹味噌がたっぷり入ってとろけるような身は相変わらず絶品で十分満足(^0^)

 
     
カンジャンケジャン(プロ・カンジャンケジャンにて)
 
カンジャンケジャンを平らげて落ち着いたところで、自己紹介タイム。
それと同時にカニ鍋を注文。
今回は参加者が多かったので、店は移動せずに、そのままプロカンジャンケジャンに居座ることにする。
ここでカニ鍋は初めての体験だったが、大きめのワタリガニがドーンと丸ごと入っていて、味付けも辛くなく美味しい。
残ったスープは、雑炊風?のポックンパプ(炒飯)にしていただく。
これがまた美味い!(^^)

 
コッケタン(カニ鍋) 残り汁で作ったポックンパプ(雑炊風?炒飯)
 
2次会はお馴染みのキルサロンへ。
さすがにこれだけの大人数での入店は困難かと思いきや、テーブルと椅子を繋ぎ合わせて、何とか全員座ることができた。
お酒はもちろんチャミスル(眞露)で、さらにつまみを数品注文。

 
     
キルサロンにて
 
その後、キルサロンから別の屋台に場所を移して3次会。
ここから先のことは酔っ払っていてあまりよく覚えていない(^^;)
話によれば、この後数名の方は4次会まで行ったとか。。。(笑)

そんなわけで、1日が終了。

 
 
5/27 宗廟〜タッハンマリ〜清渓川〜帰国
翌朝目が覚めると、既に9時を回っていた(^^;)
頭がガンガンに痛くて、完全な二日酔い(>_<)
というわけで、少しでも残留アルコールを体外に放出すべく(笑)、エメラルドサウナで一汗流した後、ソウルではお決まりのソムンナンチュオタンで朝食。
度重なる値上げ+最近のウォン高のダブルパンチで、ほとんど日本と変わらない物価水準になってしまったソウルで、この店のウゴジオルクンタンだけは、ず〜っと昔から変わらない1500ウォンという安価で食べられるのが嬉しい(^^)

 
エメラルドサウナ入口 ソムンナンチュオタンのウゴジオルクンタン
 
モーテルをチェックアウトして、久しぶりに宗廟へ。
初夏の緑がいっぱいの園内の散策はとても気持ちが良い。

 
     
宗廟にて
 
この日のお昼は、昨日のメンバーのうち6人が再び集合して、タッハンマリの名店「チンハルメ元祖タッ本館」へ。
入店すると早速席に案内され、注文するまでもなく(と言うかメニューはタッハンマリのみ)、既にスタンバイされている鍋に火がつけられる。
鍋が煮えるまでの間に、テーブルに置かれている調味料(コチュジャン、醤油、酢、からし)を自分の好みの味に調合してジャン(つけダレ)を作る。
具が煮えてきたら、鶏をハサミで解体して、いただく。
あっさり淡白なお味の鶏肉や野菜と辛いタレが絶妙にマッチして美味♪(^^)

 
     
チンハルメ元祖タッ本館のタッハンマリ
 
鍋の具を食べ終わった後は、うどんを投入。
このうどんが、稲庭うどんのように平たく喉越しがいいので、いくらでも入る(^^)
そして最後のとどめは、ご飯を注文して雑炊に。
まさにスープの最後の一滴まで食べ尽くしたといった感じで、満腹になった(^^)

 
  
締めのうどんと雑炊
 
お昼を食べた後は、清渓川沿いの散策道をのんびり歩く。
この日は天気も抜群に良く、しかも夏のような暑さで、散策道は涼を求める人たちでいっぱい。

 
     
清渓川にて
 
その後は喫茶店でコーヒーを飲みながら、みんなでダベって時間を潰して、その後空港へ向かう。
空港内のEマートで買い物をして、チェックインを済ませた後、KALラウンジ(JALと共用)でくつろぐ。
今回のオフ会参加者のうち6名がこの日のJAL8834便で帰国するということで、皆再びラウンジに集結。
それにしても、全員自力でラウンジに入れる(つまり皆上級会員)というのが、何ともすごい(笑)

 
     
金浦空港KALラウンジにて
 
JAL8834便は定刻通りに金浦空港を出発。
羽田には定刻よりもかなり早めに到着した。

そんなわけで、今回のソウルオフ会も無事終了。

 

---おしまい---
 

★旅のデータ★

◆フライト
JL8831 Y 26MAY HNDGMP 0920 1135
JL8834 Y 27MAY GMPHND 2010 2215
 JL:日本航空
 Y:エコノミークラス
 HND:東京羽田、GMP:ソウル金浦


◆チケット
【羽田〜金浦】
 JMB特典航空券Yクラス「ソウル〜東京〜石垣//東京〜ソウル」(15000マイル+TAX)の残り
【金浦〜羽田】
 JMB特典航空券Yクラス「ソウル〜東京//旭川〜東京〜ソウル」(15000マイル+TAX)を使用開始

◆宿泊
花星荘モーテル
1泊:25,000ウォン
ホームに戻る