ソウル旅行記
 
旅行期間:2009年5月30日〜31日

毎年恒例のカンジャンケジャンオフ会をソウルで開催しました。

★旅程★
5/30 羽田→金浦
5/31 金浦→羽田

5/30 ワタリガニオフ
今回はAMCの特典の残りを使い、羽田発8時20分のNH1291便で金浦空港へ飛ぶ。
 
羽田空港共用ラウンジにて 金浦行きNH1291便
 
金浦空港到着後、地下鉄に乗って鍾路3街に行き、エメラルドモーテルにチェックイン。
 
     
エメラルドモーテルにて
 
お昼はスンドゥプチゲを食べようかと思っていたのだが、仁寺洞にあったお気に入りのスンドゥプ専門店がなくなってしまったので(TT)、仕方なく適当なお店で石焼ビビンバをいただく。
 
昼食の石焼ビビンバ
 
昼食の後は清溪川を散策。
お天気の良い休日とあって、多くの地元民が散策を楽しんでいた。

 
     
清溪川にて
 
次はソウル市庁前広場へ。
この前日に盧武鉉前大統領の葬儀と大規模なデモ行進が行われたとのことだが、この日も大勢の警察官たちが配備されていて、市庁前広場周辺は物々しい雰囲気だった。
市庁前広場から徳寿宮に入場して、しばし散策。

 
     
市庁前の献花台 徳寿宮にて
 
続いて明洞をぶらぶらと散策。
3月に来たときは異様に日本人が多かったが、ウォン安もピークを過ぎたせいか、日本人率は普段どおり?だった(笑)

 
     
明洞にて
 
18時に新沙の駅に集合。
今回のオフ会参加者は15名で、いつものプロ・カンジャンケジャンへ入店。
お店のスタッフとももうすっかり顔なじみ(笑)

 
プロカンジャンケジャン
 
席に着いて、カンジャンケジャンが運ばれてくると、まずはみんな無言でカニにしゃぶりつく(笑)
 
     
カンジャンケジャン(プロカンジャンケジャンにて)
 
カンジャンケジャンを平らげた後は、コッケタン(カニ鍋)とコッケチム(蒸し蟹)を注文。
生のカニとはまた違った味わいで、どちらも美味しかった。

 
コッケタン(カニ鍋) コッケチム(蒸し蟹)
 
2次会は、昨年と同様、かつてキルサロンを切り盛りしていたアジュンマが経営する居酒屋「寶寶(ボボ)」へ。
航空ヲタな話題で夜遅くまで盛り上がった(笑)

 
  
居酒屋「寶寶(ボボ)」にて
 
梨泰院からタクシーで鍾路3街に戻って、この日は終了。
 
 
5/31 タッハンマリオフ
朝7時過ぎに起きて、エメラルドサウナで朝風呂した後、定番のソムンナンチュオタンで朝食。
 
エメラルドサウナ ソムンナンチュオタンのウゴジオルクンタン
 
ホテルをチェックアウトして、ぶらぶら歩いて昌慶宮へ。
 
     
昌慶宮
 
この日のお昼は、昨年に引き続き「チンハルメウォンジョタッハンマリ」へ。
ここは昨年秋に火災で全焼して、しばらく営業停止中だったが、先月リニューアルオープンし、以前の汚いお店とは見違えるほどきれいに生まれ変わり、2階席もできて座席数も増えた。

 
新装オープンしたチンハルメウォンジョタッハンマリ
 
まずはメインの鶏肉を食べて、続いてトック(餅)、うどんの順に鍋に投入。
そして最後の締めはご飯を投入して雑炊にするというフルコース!?を堪能した(笑)
1人1000円ポッキリで満腹になった。

 
     
     
タッハンマリのフルコース!?
 
その後は流れ解散して、地下鉄に乗って金浦空港へ向かう。
Eマートで買い物した後、KALのチェックインカウンターへ。
新しくなった(と言ってもあまり変わり映えしないが・・)KALラウンジでくつろいで、16時40分発のKAL便で帰国した。

 
金浦空港KALラウンジにて
 

---おしまい---
 

★旅のデータ★

◆フライト
NH1291 Y 30MAY HNDGMP 0820 1040
JL5236 Y 31MAY GMPHND 1640 1845 --- Operated by Korean Air
 NH:全日空、JL:日本航空
 Y:エコノミークラス
 HND:東京羽田、GMP:ソウル金浦


◆チケット
【羽田〜金浦】
 AMC特典航空券Yクラス「ソウル〜東京〜ソウル」(15000マイル+TAX)の残り
【金浦〜羽田】
 JAL金浦空港カウンターで発券した「ソウル〜東京〜札幌〜東京〜ソウル」(767,500ウォン+TAX)を使用開始

◆宿泊
エメラルドモーテル
1泊:40,000ウォン
ホームに戻る