2008年12月23日
第4回宝塚ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は見事な冬晴れで、風もほとんどなく、マラソンには最適な気候。
スタートは宝塚大劇場前の花のみちで、スペシャルゲストには現役タカラジェンヌも登場して華やかな雰囲気だが、宝塚らしさが感じられるのはスタートの時のみで(笑)、コースのほとんどは武庫川の河川敷を走る。
一昨日の三田マスターズとは対照的に、アップダウンが全くないフラットなコース。
が、大部分は未舗装路を走るため、膝には優しいが、スピードはあまり上げられず、体力も結構消耗する。
ということで、タイムは1時間半超と振るわなかった。
記録:1時間31分40秒(ネットタイム:1時間30分59秒

2008年12月21日
第20回三田国際マスターズマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の天気予報は曇のち雨だったが、マラソンが終了するまではなんとか天気が持ちこたえてくれて、またスタート時の気温も10℃を超え、然程寒さも厳しくなく、まずまずのコンディション。
この大会のコースは、とにかくアップダウンが多く、前半から中盤にかけてはひたすら上り坂が続く。
最大の難所は、10kmから15kmにかけての激しいアップダウンで、ここが正念場。
15kmを過ぎると、ゴールまでひたすら下り坂となるが、長くて急な下りだと足が笑ってしまうので要注意。
記録が狙えるコースではなく、また翌々日の宝塚ハーフのことも考え、若干力をセーブして走った割には、そこそこのタイムだった。
記録:1時間33分25秒(ネットタイム:1時間32分32秒

2008年12月14日
第16回小川和紙マラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は朝から雨で、スタート時刻になっても雨はあがらず、冷たい雨に濡れながらの厳しいコンディションの中でのレースとなった。
コースは小川町の周辺をぐるりと一周する周回コースで、中盤の国道254号線バイパスは緩いアップダウンが続く。
ラストは小川町市街を通ってゴール。
雨と寒さで手と足が悴んで、思うようにペースが上げられなかったこともあって、タイムは振るわなかった。
記録:1時間32分55秒
  スプリットタイム:10km(44分41秒)

2008年12月7日
第24回NAHAマラソンのフルマラソンの部に出場
マラソン前日の土曜日はどんよりとした曇り空で肌寒さを感じるほどの気候だったが、マラソン当日は一転して快晴となった。
スタートしてしばらくは混雑のため思うように前に進むことができず、国際通りを過ぎてようやく走路が開けてきた。
が、ホテルの朝食がまだかなり胃の中に残っていたらしく、胃がムカムカしてなかなかペースが上げられず、前半のハーフのラップタイムは1時間45分をオーバーするかなり遅いペース。
後半はペースを上げて遅れを取り戻そうかと思ったが、12月とはいってもやはり晴れると沖縄の日差しはきつく、暑さで結構体力を消耗し、結局前半以上にペースは上げられず、終わってみれば辛うじて3時間40分を切る平凡なタイムでフィニッシュ。
とはいえ、沿道の地元の人たちの温かい応援は相変わらずで、今後も是非参加したい大会である。
記録:3時間38分37秒(ネットタイム:3時間36分36秒

2008年11月30日
第30回丹沢湖マラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は雲一つ無い快晴で、しかも風はひんやり冷たく、マラソンには絶好のコンディション。
さらに丹沢湖では紅葉が見頃を迎えていて、走りながら紅葉狩りも楽しめた。
コースは湖畔の道路を変則的に周回するルートで、山間部を走るコースではあるが、意外にもアップダウンはきつくなく、終始快調なペースで走ることができた。
記録も1時間半を切る好タイムで満足した。
記録:1時間29分31秒

2008年11月16日
第3回湘南国際マラソンのフルマラソンの部に出場
この日の気温は15℃前後と暑くも寒くもなく、マラソンにはちょうど良い気候。
天気はあいにく曇り時々雨だったが、時折小雨がぱらつく程度で、走りにはさほど悪影響はなかった。
会場は大磯ロングビーチで、スペースは十分広いのだが、荷物置き場とスタート&フィニッシュ地点がとんでもなく離れていて、さらに荷物を置きに向かうランナーと戻ってくるランナーの動線が交錯して、とりわけスタート前は大混乱だった(-_-)
このへんはもう少し効率的な配置をするよう改善してほしいところである。
とはいえ、マラソンのコースは素晴らしく、車を一切シャットアウトした国道134号と西湘パイパスがランナーの完全貸切状態で、その名の通り湘南を満喫できるコースとなっている。
レース序盤はキロ5分弱ののんびりペースで走り、ハーフのラップタイムは1時間40分だったが、フラットなコースのおかげで、後半もほとんどペースが落ちることなく快調に走ることができ、3時間半を悠々切る好タイムでフィニッシュ。
記録:3時間24分33秒

2008年11月9日
第28回横浜マラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の天気は曇りで結構肌寒く、マラソンには嬉しい気候。
心配された雨の方も、レース中はなんとか持ちこたえてくれて、大会が終了してから雨が降り出してきた。
スタート直後は混雑のため、最初の1〜2kmぐらいまでは思うようにスピードが上げられず、かなりタイムロスしてしまい、フィニッシュタイムは惜しくも1時間半を切れなかったが、結構いい走りができたので満足した。
記録:1時間30分21秒(ネットタイム:1時間29分50秒

2008年10月26日
2008あつぎマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の天気は曇りで気温は17℃前後と涼しく、マラソンには最適なコンディション。
コースは荻野運動公園の陸上競技場をスタートし、郊外の住宅街の中を走り、再び競技場に戻ってくる周回コース。
前半は比較的フラットだが、後半は山の中に入るため、アップダウンの連続で結構しんどい。
でも終わってみれば、1時間半を切るまずまずのタイムでゴール。
記録:1時間29分50秒

2008年10月19日
第1回萩・石見空港マラソン全国大会のハーフマラソンの部に出場
その名の通り、空港が会場のマラソン大会で、しかも目玉は滑走路を走ることができるということ。
昨年はオープン前の関空第2滑走路を走る大会があったが、現在運用中の滑走路を走れる大会はこれが初めてで、誘導灯がともった滑走路を自分の足で走るのはなんとも気持ちがいい。
ハーフは、空港の周りをぐるりと一周回るコースで、空港から国道9号線に出て、しばらく右手に美しい日本海を望みながら走る。
中盤は山間の田舎道に入り、長くて緩いアップダウンが続くので、結構しんどい。
しかもこの日は見事な秋晴れで、半袖で十分過ごせるぐらいの気候だったので、中盤以降は照りつける日差しと暑さとの戦いとなる。
そして一番の正念場は、空港までラスト1kmの登り坂で、この坂を登りきったターミナルビル前がゴール。
結構しんどいコースだったこともあり、タイムは今ひとつ。
記録:1時間32分48秒

2008年10月5日
第31回福井マラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の福井の天気は曇りで、気温は17℃と涼しくマラソンには嬉しい気候。
コースは福井の街の中心から、郊外の田園地帯まで行って帰ってくる折り返しルートで、中盤は緩いアップダウンがあるものの、ほぼ平坦なので走りやすい。
ただ、距離表示が5km毎にしかなく、ペースが掴み辛かったせいもあってか、またしても1時間半を切れなかった。
記録:1時間32分33秒(ネットタイム:1時間32分26秒

2008年9月28日
第27回一関国際ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の一関の天気は晴れで、気温は16℃とすっかり秋らしい気候。
この大会は名称の通り、地方のレースにもかかわらず、海外からも招待選手を迎え、世界レベルのトップランナーも走るレベルの高いレース。
コースは市役所前をスタートし、町の郊外に出て再び市役所に戻ってくるルートで、若干アップダウンがあるもののほぼ平坦で、またコースとなる道路は交通が完全にシャットアウトされていて、走りやすい。
前のレースからかなりブランクがあったせいか、前半は快調なペースで飛ばしたものの、終盤は息切れしてしまい、平凡な記録に終わった。
記録:1時間32分02秒

2008年8月31日
2008北海道マラソンのフルマラソンの部に出場
2年ぶり3度目の出場となる大会。
ここ数年は、暑さによる過酷なレースとなっているが、今年も酷暑ではなかったものの、天気は快晴で気温は26℃(スタート時)と、ランナーにはかなり暑いの中でのレースとなった。
というわけで、記録を狙うのはやめて、序盤から無理せずのんびりペースで走る。
ハーフは1時間40分とまずまずのタイムで通過、その後ペースダウンしたものの、それほどバテることなく走り続けることができ、完走が確実となった35km地点の給水所でちょっと小休止。
大通公園からゴールの中島公園にかけての最後の直線も、のんびり景色を楽しむぐらいの余裕を持ってゴール。
3時間半は切れなかったものの、この大会のベストタイムで満足した。
記録:3時間35分20秒
  スプリットタイム:5km(23分45秒)、10km(46分30秒)、15km(1時間09分26秒)、20km(1時間34分26秒)、ハーフ(1時間39分43秒)、25km(1時間58分44秒)、30km(2時間25分32秒)、35km(2時間52分20秒)、40km(3時間22分29秒)

2008年8月24日
第28回山日YBS富士吉田火祭りロードレースのハーフマラソンの部に出場
例年は猛暑の中の過酷なレースとなるようだが、今年は一転、8月とは思えないほどの低温と雨の中でのレースとなった。
コースは土地柄アップダウンが多く、また一部未舗装の山道を走る。
とりわけ、序盤の5kmの上り坂は、雨でぬかるんでぐちゃぐちゃの状態で、しかも多くのランナー達で渋滞していて、ジョギングペースよりもペースダウンして走らざるを得なかった(-_-)
5kmから15kmぐらいまでは下り坂が続くが、こんな天候だし、無理にペースを上げるのはやめて、のんびり走る。
そしてラスト5kmは再び上り坂。
記録はハーフとは思えないようなタイムだが(^^;)、このコースとコンディションなので、まあ致し方ない。
記録:1時間40分01秒

2008年8月3日
第3回日光杉並木マラソンの10kmの部に出場
文字通り、日光の杉並木の中を走るマラソン大会。
コースは単純な折り返しルートで、前半はひたすら下り、後半はひたすら上りという精神的にしんどいコース(--;)
ただ、高い高い杉の木のおかげで、晴れていても直射日光に晒されず、ずっと木陰の中を走れるのが救い。
暑さとアップダウンの激しいコースの割には記録はまずまずだった。
記録:42分39秒

2008年7月27日
第23回酒田砂丘マラソンの10kmの部に出場
昨年に引き続き2度目の出場。
この日は朝から快晴で、スタート時には気温35℃を超える酷暑となった。
10kmのコースは昨年までとはガラリと変わって、結構アップダウンもあってしんどかった。
さらにコースにはほとんど日陰がなく、炎天下の中をひたすら走らなければならず、地獄のようなレースだった。
しかしその分、ゴール後に振舞われる食べ放題のメロンは最高に美味しかった。
記録:41分12秒

2008年7月6日
2008ゴールドコーストマラソンのフルマラソンの部に出場
マラソン前日はどんよりとした曇り空で、時折どしゃ降りのスコールに見舞われる天気で、どうなることかと思ったが、マラソン当日は天気も回復し、晴れ間ものぞくほどよいお天気となった。
この時期のゴールドコーストは最高気温20℃ぐらいで、湿度も少なく、マラソンにはなかなか良い気候。
コースは平坦で走りやすいが、海岸沿いの住宅地を走る折り返しルートで、景色は単調であまり変化がない。
ハーフまでは快調なペースだったが、25kmあたりからお腹の調子がおかしくなったり、足が上がらなくなってきて失速。
フィニッシュタイムは3時間半を切ることができず、ちょっと残念な結果に終わった。
記録:3時間34分22秒(ネットタイム:3時間34分05秒
  スプリットタイム:5km(23分39秒)、10km(46分22秒)、15km(1時間08分52秒)、20km(1時間32分31秒)、ハーフ(1時間37分34秒)、25km(2時間01分42秒)、30km(2時間28分30秒)、35km(2時間55分56秒)、40km(3時間22分44秒)

2008年6月8日
第7回果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会のハーフマラソンの部に出場
日本全国から約7千人近いランナーが集まる人気の大会。
その名の通り、たわわに実ったさくらんぼ畑の中を走るコースで、参加賞や抽選会の賞品ももちろんさくらんぼ。
沿道の市民やさくらんぼ農家の方々の応援が途切れることなく続くのも嬉しい。
この日の天気は晴れで、気温は25℃近く(アスファルトからの照り返しがあるので体感温度は悠に30℃を超えていたと思う)、マラソンには過酷な気象条件となった。
そんなわけで、あまり無理してペースを上げずにゆっくり走ったので、記録の方は今ひとつに終わった。
記録:1時間31分32秒

2008年5月25日
洞爺湖マラソン2008のフルマラソンの部に出場
2年ぶり2回目の出場。
この日は朝から雨が降っていたが、スタート時刻までには雨も上がり、気温もちょっと肌寒いぐらいで丁度良く、まずまずのコンディションでスタート。
しかし、ハーフを過ぎたあたりから再び雨が降り出してきて、その後はずっと雨に打たれながらの辛いレースとなる。
ただ、気温が低いことが幸いして、終盤もバテることなくほぼイーブンなペースを維持できて、終わってみれば3時間23分ちょいというまずまずのタイムでゴール。
記録:3時間23分14秒
  スプリットタイム:5km(25分11秒)、10km(48分17秒)、15km(1時間11分25秒)、20km(1時間34分26秒)、ハーフ(1時間39分38秒)、25km(1時間57分33秒)、30km(2時間20分42秒)、35km(2時間44分03秒)、40km(3時間11分06秒)

2008年5月18日
足柄大橋開通記念第21回金太郎マラソンの15kmの部に出場
ローカルでアットホームな雰囲気の大会だが、参加者数は約2200人と結構多い。
天気は薄曇りだったが、気温は割と高く、マラソンには暑いぐらいの気候。
コースは主に酒匂川河川敷のサイクリングコースを走り、橋の上り下り以外はアップダウンもなくほぼ平坦だが、走路が狭い上に折返しや曲り角が多く、さらに終盤は10kmのランナーが合流してくるため、意外と走りにくかった。
記録は約1時間3分とほぼ期待通りの結果だった。
記録:1時間03分05秒(ネットタイム:1時間02分49秒

2008年5月11日
第6回多摩川ロードレースの10kmの部に出場
この日は朝から冷たい雨だったが、幸いスタート時間には雨も上がり、気温も低めでなかなか良い気象条件となった。
コースは多摩川河川敷のサイクリングコースを走る折返しルートで、走路はちょっと狭いが、参加者がそれほど多くないので、ランナー渋滞で走れなくなるようなことはなかった。
久しぶりの10kmだったが、記録は41分を切る好タイムでゴール。
記録:40分40秒(手動計測)

2008年4月20日
第10回長野オリンピック記念 長野マラソンのフルマラソンの部に出場
この日は時折薄日が差す曇り空で、スタート時の気温は10℃をちょっと上回るぐらいで風はなく、マラソンにはこの上ないコンディション。
コースは、長野オリンピックが行われた市内各所の会場を巡るワンウェイルートで、市街地の目抜き通りや郊外ののどかな果実畑など、コース上の景色も変化に富んでいて退屈しない。
エイドステーションもほぼ2.5km毎に設置されていて、ランナーへのサポート体制も充実しており、人気が高いのもうなづける。
11時ぐらいから晴天になり、気温もぐんぐん上がって、暑さでちょっとバテてしまったが、タイムの方は何とか3時間半を切ることができた。
記録:3時間27分29秒
  スプリットタイム:5km(25分28秒)、10km(48分15秒)、15km(1時間11分10秒)、20km(1時間35分35秒)、ハーフ(1時間40分26秒)、25km(1時間58分12秒)、30km(2時間22分40秒)、35km(2時間49分17秒)、40km(3時間16分29秒)

2008年4月6日
2008さが桜マラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は時々雨が降るという予報だったが、見事に外れて、春らしいポカポカしたお天気となった。
スタートする頃には陽も差してきて、マラソンには暑いぐらいの気候になった。
コースは序盤(〜5km)は一般道を北上し、中盤(5km〜15km)は菜の花とレンゲの花が一面に広がる嘉瀬川沿いの堤防を走るのだが、ここで何人かのランナーがハチに刺されるというアクシデントが発生。
幸い私は大丈夫だったが、刺されたランナーの方は本当にお気の毒。
レースの終盤(15km〜20km)は、いよいよこのマラソンのクライマックスである多布施川沿いの桜並木の中を走る。
眩しいぐらいに満開に咲いた桜の花のトンネルを走るのは最高の気分だった(^^)
せっかくなのでこの区間はちょっとペースを落として、お花見を楽しみながら走る。
記録の方も1時間半を悠々切るタイムでフィニッシュ。
記録:1時間28分26秒

2008年3月23日
第18回熊谷さくらマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は天気も良く、春らしいポカポカした陽気。
だが、大会名にもなっている桜の開花にはまだちょっと早かったようで、残念ながらお花見ランというわけにはいかなかった。
市街地と郊外の住宅地や田んぼの中を走るコースで、アップダウンはなく平坦で走りやすい。
レースは順調なペースで滑り出したが、なぜか8km地点あたりで急にお腹の具合がおかしくなって(-_-)、町工場の仮設トイレを拝借。ここで3〜4分ほどタイムロスしてしまった(^^;)
その後は遅れを取り戻すべく、結構飛ばして行ったが、さすがに1時間半は切れなかった。
記録:1時間31分55秒

2008年3月16日
ソウル国際マラソン2008のフルマラソンの部に出場
昨年に引き続き2度目の出場。
この日のソウルは良いお天気で風もなく、快適な気候。
日本事務局を通じて申し込んだ日本人は、一般ランナーで最も速いAブロックからのスタートなのだが、ここはサブスリー〜3時間そこそこで走るランナーが中心らしく、速いペースに引っ張られてついついオーバーペースになってしまう(^^;)
そんなわけで、前半は快調なペースだったものの、30kmを過ぎてから足が上がらなくなり、大幅にペースダウン。
何とか3時間半は切ったものの、昨年のタイムには遠く及ばず、記録が狙いやすいコースだけにちょっと残念な結果だった。
記録:3時間28分30秒
  スプリットタイム:5km(21分32秒)、10km(43分22秒)、15km(1時間05分55秒)、20km(1時間29分32秒)、ハーフ(1時間34分35秒)、25km(1時間53分30秒)、30km(2時間18分56秒)、35km(2時間49分23秒)、40km(3時間16分50秒)

2008年3月9日
第15回京都シティハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は天気も良く、寒さも和らいで春らしい気候で、マラソン走るには少々暑いぐらいだった。
この大会は今回で3回連続の出場なので、コースの特徴やペース配分などはもう慣れたもの。
最初の1〜2kmは混雑で思うように走れなかったが、烏丸通りに入ってからはだいぶバラけてきて、それ以降はほぼイーブンペースで快調に走ることができた。
そしてここのコースは、ラストスパートをかける残り5kmで緩い下り坂がずっと続くのが嬉しい。
そんなわけで、尻上がりにペースが上がって、1時間30分を悠々切る好タイムでフィニッシュ。
記録:1時間27分56秒(ネットタイム:1時間27分27秒
  スプリットタイム:5km(21分52秒)、10km(42分34秒)、15km(1時間03分28秒)、20km(1時間23分39秒)

2008年3月2日
第18回秋吉台カルスト高原健康マラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の朝はかなり冷え込んだが、日が高くなるとともに気温も上がり、風もなく、マラソンにはちょうど良い気候となった。
このマラソンは、カルスト台地のど真ん中を通るカルストロードを走破するコースで、場所柄アップダウンが非常に激しく、かなりしんどい。
しかしコース上の景色は抜群で、走りながらカルスト台地の雄大な風景を存分に満喫できる。
記録が狙えるコースではないので、無理せずのんびりペースで走ったが、帰りは下り坂が多いため、スピードに乗って、最終的にはまずまずのタイムでゴールできた。
記録:1時間31分44秒

2008年2月17日
第15回泉州国際市民マラソンのフルマラソンの部に出場
東京マラソンの抽選に外れてしまったので、その代わりに出場したレースだが、公認コースで参加者も多く、沿道の応援も賑やかで、なかなか素晴らしい大会。
スタート時の天気は良かったが、ハーフを過ぎたあたりから30km地点ぐらいまでは雪が降ってきて、寒さとの戦いとなった。
コースはほぼ平坦で一直線なので走りやすいが、30km以降のりんくうタウンから樽井浜までの折返しコースでは、スカイブリッジとマリンブリッジの2つの大きなアーチ型の橋を上り下りしなければならず(往復で計4回)、しかもこの日は冷たく強い風が吹きつけ、寒さで足が思うように動かず、かなりしんどかった。
そんなわけで30km以降は失速してしまったが、前半の貯金が功を奏して、3時間半は切ることができた。
記録:3時間26分49秒

2008年2月3日
第62回香川丸亀ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
レースの前夜は雪が降り、開催が危ぶまれたが、朝までには雨に変わり、無事開催された。
スタートまでには雨も上がり、気温は2℃前後と低かったが、風はなく、まずまずのコンディション。
この大会は、毎回世界レベルのトップランナーが多数出場するレースとしても知られ、今回もそうそうたる顔ぶれ。
しかも折返しコースなので、トップランナーの華麗な走りを間近で見ることができるのが嬉しい。
コースは、女子ハーフマラソンの日本記録が出た高速コースだけあって、ほぼフラットな1本道で、ペースを乱すことなく快調に走れる。
記録の方は、スタート時の混雑で、最初の1kmで1分ほどロスタイムがあり、グロスでは惜しくも1時間半は切れなかったが、まあまあの結果。
記録:1時間30分22秒(ネットタイム:1時間29分44秒
  スプリットタイム:5km(21分44秒)、10km(42分27秒)、15km(1時間03分54秒)、20km(1時間25分45秒)

2008年1月27日
第6回新宿シティハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日の気温は1℃という寒さだったが、天気は良く、日差しがポカポカと暖かかったので、走り出したら意外と寒さは感じなかった。
コースは周回で、最初の一周は新宿御苑の方まで行く大周回コースだが、あとは同じコースを3周(外苑の周りは4周)グルグル回るだけなのでちと退屈。
しかも3周目に入ると、4周目に入るトップランナーと2周目に入ったばかりのゆっくりランナーが入り乱れて、わけのわからない状態になる(--;)
一般道を走るところでは走路も狭く、曲がり角の多いコースなので、あまりスピードが出せず、記録は全然振るわず。
記録:1時間32分51秒

2008年1月20日
第32回サンスポ千葉マリンマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は気温5℃という寒さで、少々辛いレースになるかと思われたが、スタートする頃には薄日が差してきて、しかも風もあまりなく、結果的には絶好のコンディションだった。
コースはひたすら平坦で走りやすく、しかも公認レースなので、記録が狙いやすい大会としても知られている。
今回は、前回のレースから1ヶ月ほどブランクがあって、しかもその間あまり走りこんでなかったので、軽い調整のつもりで走るつもりが、コンディションの良さゆえ、前半調子に乗って飛ばしてしまい、案の定終盤に息切れしてペースダウン。
結局は1時間30分をオーバーする平凡な記録で終わる。
記録:1時間30分56秒(ネットタイム:1時間30分27秒
  スプリットタイム:5km(21分29秒)、10km(42分24秒)、15km(1時間03分50秒)、20km(1時間26分06秒)


ホームに戻る