2014年12月21日
富士マラソンフェスタ2014のサーキット2周(8.8km)の部に出場
大会会場は富士スピードウェイで、普段は決して立ち入ることができないサーキットコースを走ることができるユニークな大会。
残念ながら富士山は微妙に雲に隠れてしまって見えなかったが、よく晴れてそれほど寒くなく、快適な気候。
コースは結構アップダウンがきつく、なかなかしんどい。
今回はタイムは気にせず、のんびりと楽しみながら走ってゴール。
記録:39分15秒(ネットタイム:38分50秒

2014年12月13日
第4回伊豆大島マラソンのハーフマラソンの部に出場
伊豆大島の中心元町港が会場の大会。
この日は天気は良かったものの、風がものすごく強く、走っているときに体が煽られてしまうほどで、特に元町港に戻ってくる際の強烈な向かい風には心が折れそうになった。
そんなわけでタイムは平凡だったものの、この記録でもハーフの部門の総合1位だった。
記録:1時間36分22秒

2014年12月7日
第30回NAHAマラソンのフルマラソンの部に出場
今回で8回目の出場となる、すっかりお馴染みの大会。
この日は時折晴れ間がのぞく薄曇りで、それほど暑くなく、マラソンには最適なコンディション。
沿道の熱い応援や充実し過ぎるぐらいのエイドは相変わらずで、これが何よりの励みになる。
そんな最高の環境に後押しされ、終盤もペースが落ちることなく、終わってみれば3時間半を悠々切るタイムでゴール。
記録:3時間24分00秒(ネットタイム:3時間23分12秒

2014年11月16日
第6回I Love古河マラソンin谷中湖のハーフマラソンの部に出場
大会会場は渡良瀬遊水地で、手作り感がいっぱいのこじんまりとした大会。
この日は晴天に恵まれ、気温もちょっと肌寒いくらいの良いコンディション。
コースはハート型の谷中湖の上半分を変則的に周回するルートで、ハーフマラソンは2周するが、景色が良いので退屈しない。
快適な気候と美しい景色を堪能しながら、気持ちよく走ることができた。
記録:1時間34分38秒

2014年11月9日
第2回銚子半島ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
今回初参加の大会。
前回の第1回大会はいろいろと不備が指摘されていたようだが、今年は大きく改善されたようで、不満やストレスを感じることは無かった。
この日は雨が降る予報だったが、雨が降るどころかレース後半は晴れてきて、むしろ暑いぐらいだった。
コースは銚子マリーナを起点に銚子半島を海沿いに走って、銚子市街で折返す往復ルートで、景色は抜群だが、アップダウンが多く結構しんどいコース。
そして一番のお楽しみは、ゴール後に振舞われるサンマの塩焼きで、これが最高に美味かった。
記録:1時間34分35秒(ネットタイム:1時間33分48秒

2014年10月26日
水都おおがき芭蕉マラソン2014のハーフマラソンの部に出場
この日は時折晴れ間がのぞく薄曇りで、風はなく、なかなか良いコンディション。
田園地帯や工業団地を走る単調なコースで、沿道の応援も少ないのがちょっと寂しいが、ひたすらフラットで真っ直ぐな道が続くので走りやすい。
タイムも1時間31分台でまずまずの記録。
記録:1時間31分47秒

2014年10月19日
ちばアクアラインマラソン2014のフルマラソンの部に出場
この日は雲1つない快晴で、風もなく、アクアラインを走るにはこの上ないコンディション。
コースの前半は、車両全面通行止めのアクアライン(海上部のみ)を走り、後半は前半とは打って変わって、住宅街&田園地帯を走る。
30km以降は緩いアップダウンが続き、これが結構堪える。
アクアラインでは素晴らしい景色を堪能すべくゆっくり走り、終盤は暑さでちょっとバテてしまったので、サブ3.5には届かず。
記録:3時間34分45秒(ネットタイム:3時間32分42秒
  スプリットタイム:ハーフ(1時間42分37秒)

2014年10月5日
第2回山形まるごとマラソンのハーフマラソンの部に出場
今回初参加の大会。
この日は少し肌寒さを感じるぐらいの気温で、風はなく、走るには最高のコンディション。
コースは前半は比較的平坦な市街地を走るが、10〜14kmにかけてはだらだらと続く長い上り坂で、ここが一番の正念場。
14kmを過ぎると、後はゴールまでひたすら下り坂で、ここでいかにタイムを稼ぐかがポイント。
抜群の気候に加え、通常はペースダウンしてしまう終盤がずっと下り坂という好条件が重なり、1時間30分切りに迫る好タイムでゴール。
記録:1時間30分31秒(ネットタイム:1時間30分20秒

2014年9月28日
2014函館ハーフマラソン大会のハーフマラソンの部に出場
3年連続3回目の参加。
昨年と同様、この日はよく晴れて暑いぐらいの気候。
前半は快調に走れたものの、後半は暑さに負けてちょっとペースダウン。
結果的に昨年より1分ほど遅いタイムでゴール。
記録:1時間36分08秒(ネットタイム:1時間35分40秒

2014年9月21日
第29回田沢湖マラソンの20kmの部に出場
今回初参加の大会。
この日は見事な秋晴れで、気温も15℃前後と快適で風もなく、絶好のコンディション。
20kmの部は田沢湖をぐるりと一周するコースで、概ね平坦だが、唯一13〜14km付近にかなりきつい上り坂があり、ここが一番の正念場。
とはいえ、快適な気候と湖畔の美しい風景に助けられ、最後まで快適に走ることができた。
記録:1時間28分32秒

2014年9月7日
第24回ゆふいん盆地SPA健康マラソンの10kmの部に出場
今回初参加の大会。
大会会場が由布院の駅前とアクセスは抜群。
コースはアップダウンが結構あるものの、のどかな田園地帯を走る風光明媚なコースで楽しめる。
そしてゴール後は、ドリンクのみならず軽食(弁当やカレーなど)も無料でサービスされ、もちろん周辺の温泉施設も無料で利用できるのが嬉しい。
記録:44分15秒

2014年8月31日
2014北海道マラソンのフルマラソンの部に出場
昨年と同様、この日は雲1つ無い快晴で、強烈な日差しと暑さとの戦いとなった。
レース展開も昨年と似たような感じで、完走することを目標に、キロ5分半のゆっくりペースで走る。
それでも終盤はペースがさらに落ちて、キロ6分がやっと。
結果的にタイムも昨年とほぼ同じで、何とかサブ4をクリアすることができた。
記録:3時間57分04秒(ネットタイム:3時間53分45秒
  スプリットタイム:5km(30分53秒)、10km(57分07秒)、15km(1時間23分20秒)、20km(1時間49分22秒)、ハーフ(1時間55分11秒)、25km(2時間15分19秒)、30km(2時間44分27秒)、35km(3時間13分26秒)、40km(3時間44分13秒)

2014年8月3日
第28回日本海メロンマラソンの10kmの部に出場
3回目の出場となる大会だが、10kmの部に参加するのは初めて。
この日は雲一つない快晴で非常に暑く、マラソンには過酷なコンディション。
変化に富んだ景色を楽しめるハーフに比べ、10kmは景色も単調な折返しルートだが、この暑さでは10kmにしておいて正解だった。
そしてゴールした後は、食べ放題のメロンをたらふく堪能した。
記録:45分14秒

2014年7月27日
第42回釧路湿原マラソンの30kmの部に出場
2年連続3回目の出場で、この時期には貴重な長距離レース。
この日の気温は17℃と、肌寒さを感じるほどで、この時期としては信じられないような気候。
スタート後も気温はほとんど上がることはなく、涼しい中快適に走ることができた。
記録:2時間20分41秒(ネットタイム:2時間20分14秒

2014年7月6日
第27回北栄町すいか・ながいも健康マラソン大会の10kmの部に出場
2年ぶり2回目の出場。
梅雨時のレースということで雨を覚悟していたが、幸い雨には降られることはなく、晴れて猛暑になることもなく、この時期としてはまずまずのお天気。
スイカ畑や田んぼの中を走るコースだが、結構アップダウンがある。
タイムは43分台だったが、この大会はレースの結果は二の次で、あくまでレース後のすいか食べ放題がメイン♪(笑)
特産の大栄すいかを心ゆくまで堪能した。
記録:43分28秒

2014年6月29日
きたひろしま30kmロードレース2014の30kmの部に出場
緑がいっぱいのエルフィンロードを走るマラソン大会で、序盤は狭いコースに多くのランナーが団子状態になるので、やや走りづらいが、徐々にばらけてくるので、特に問題にはならない。
コースは結構起伏があり、また30kmは同じルートを2往復するのでちょっと退屈。
爽やかな気候の北海道とはいえ、この日は気温が25℃くらいまで上がったので、特に後半は暑さでバテてしまいペースダウン。
記録:2時間25分49秒

2014年6月15日
第38回さくらんぼマラソンの10kmの部に出場
今回初参加の大会。
さくらんぼマラソンというと、東根の大会があまりにも有名になってしまったが、ここ寒河江の大会が元祖。
東根の大会とは対照的に、手作り感がいっぱいのこじんまりとした大会だった。
この日は気温20℃前後と涼しく、割と走りやすかった。
記録:43分12秒

2014年6月8日
第9回プーケット国際マラソンのフルマラソンの部に出場
5年ぶり3回目の出場となる大会。
世界48カ国からのランナーが参加するという国際色豊かな大会だが、決して大規模なメジャー大会ではなく、生活臭溢れる田舎道を走るローカルな雰囲気の大会。
スタートはまだ夜明け前の4時半で、スタートして1時間ぐらいは暗闇の中を走り、6時前になってようやく夜が明ける。
じっとしているだけで汗が流れてくるほど蒸し暑い気候の中、しかも結構アップダウンが多いコースなので、終始ジョギングペースでゆっくりと走った。
そしてフィニッシュ後の食べ放題のフードコーナーや無料のタイマッサージはこの大会ならでは。
記録:3時間45分03秒(ネットタイム:3時間44分30秒
  スプリットタイム:19.5km(1時間42分47秒)、30km(2時間38分17秒)、38km(3時間22分50秒)

2014年6月1日
第26回 美浜・五木ひろしマラソンの20kmの部に出場
この日は天気は抜群だったが、真夏並みの気温で、マラソンには過酷なコンディション。
美浜原発を対岸に望む美浜町丹生の特設会場をスタートして、若狭湾沿いの道路を往復するルートで、景色は最高だが、アップダウンが激しく、さらに暑さもあって、終始ジョギングペースでゆっくり走った。
記録:1時間32分56秒(ネットタイム:1時間32分41秒

2014年5月18日
第4回 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は快晴で、暑くてかなりしんどいレースだった。
岐阜メモリアルセンターをスタートして、序盤は岐阜市街の目抜き通りを走り、中盤以降は自然がいっぱいの長良川沿いを走る変化に富んだコース。
まだ歴史の浅い大会だが、招待選手は世界トップレベルのそうそうたる顔ぶれで、さらに大会長のQちゃんをはじめ、野口みずき選手にヌデレバ選手と、オリンピックのメダリスト3人と同時にハイタッチできるという、何とも贅沢な大会。
記録:1時間34分23秒(ネットタイム:1時間34分0秒

2014年5月11日
第24回 仙台国際ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は快晴で、この時期にしては気温もかなり高く、マラソンには暑いぐらいの気候。
宮城野原公園総合運動場をスタートして、前半は仙台の中心街を走り、一旦スタート地点に戻って、後半は郊外を走る変則的な折り返しルートで、会場もコース設定もかなり魅力的で、さらに招待選手もそうそうたる顔ぶれで、ハーフマラソンにしておくのはもったいない感じで、是非ともフルマラソンに昇格してほしい大会である。
記録:1時間37分26秒(ネットタイム:1時間35分43秒

2014年4月20日
とくしまマラソン2014のフルマラソンの部に出場
今回初出場の大会。
この日はどんよりとした曇り空だったが、雨は降らず、風も弱かったので、なかなか良いコンディション。
コースは、ひたすら吉野川沿いを走るルートで、景色は単調だが、ほぼフラットで走りやすい。
またこの大会は、徳島らしいおもてなしが充実していて、阿波踊りの応援や、途中のエイドステーションにも徳島の味覚がずらりと並んでいる。
アフターランのイベントも充実していて、街全体がマラソン大会で盛り上がっている感じだった。
記録:3時間38分52秒(ネットタイム:3時間37分36秒

2014年4月13日
第6回おやま思川ざくらマラソンのハーフマラソンの部に出場
今回初出場の大会。
この日は快晴で、いかにも春らしい抜群のお天気。
大会名にもなっている思川ざくらの花も満開で、川の堤防沿いに延々と続く桜並木と菜の花の絨毯の中を走り抜けるのは最高に気持ち良かった。
そんなお花見ランを満喫するため、あえてゆっくりペースで走ったので、タイムは1時間40分台。
記録:1時間40分13秒

2014年4月6日
さが桜マラソン2014のフルマラソンの部に出場
2年連続2回目の出場。
この日は天気は良かったが、気温は低めで風が強く、ちと肌寒い気候。
コースは、序盤は佐賀市街中心部を走り、郊外の田園地帯を抜けて、吉野ケ里歴史公園を折り返して戻ってくる変則的な折り返しルートで、アップダウンはなくフラットで走りやすい。
給水や給食も充実していて、地元の特産品が味わえるのも嬉しいサービス。
タイムは、途中トイレ休憩のロスタイムがあったので、3時間半は切れず。
記録:3時間34分04秒(ネットタイム:3時間33分0秒

2014年3月30日
第5回穂の国豊橋ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
4年ぶり2回目の出場。
この日は雨と強風という最低最悪のコンディション。
コースはフラットで、沿道の随所にはちょうど桜も咲いていて、なかなか魅力的なコースなのだが、水溜りを避けるべく、常に足元を気にしながら走っていたので、景色を楽しむ余裕はなかった。
激しい雨はスタート後は小降りになったものの、強風は収まらず、特に終盤の向かい風は辛かった。
そんなわけで、無理にペースを上げず、のんびり走ったので、タイムは1時間35分を切れず。
記録:1時間36分44秒(ネットタイム:1時間36分36秒

2014年3月16日
ソウル国際マラソン2014のフルマラソンの部に出場
4年ぶり5回目の出場。
この日は晴れで、気温も高めで春らしい気候。
何度も走っている慣れたコースではあるが、道幅も十分でフラットなコースはやっぱり最高に走りやすい。
運営もスムーズで、老舗大会の貫禄を感じる。
絶好のコンディションに支えられて、記録は悠々サブ3.5をクリア。
記録:3時間24分14秒
  スプリットタイム:5km(23分30秒)、10km(46分37秒)、15km(1時間09分58秒)、20km(1時間33分05秒)、中間点(1時間38分16秒)、25km(1時間58分16秒)、30km(2時間22分15秒)、35km(2時間48分16秒)、40km(3時間13分11秒)

2014年3月9日
川崎ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
町内会のイベントといった雰囲気のこじんまりしたアットホームな大会。
この日は快晴でほぼ無風という抜群のコンディション。
多摩川の河川敷の未舗装路を往復するコースで、走路は決して広くなく、一般の人たちも通行するので、あまりスピードを上げて走ると危険。
今回は調整ランのつもりで、終始ほぼジョギングペースで走ったので、タイムは1時間40分越え。
記録:1時間41分14秒

2014年3月2日
静岡マラソン2014のフルマラソンの部に出場
かつての駿府マラソンがリニューアル&規模拡大してフルマラソン大会となった第1回目の大会。
この日はあいにくの雨模様で、幸いスタート後は雨は上がったものの、終盤で再び雨が降り出した。
コースは、前半は静岡市街をぐるぐる回って、後半は駿河湾を望みながら走る海岸線ルートで、海岸線区間は天気が良ければさぞかし素晴らしかっただろうが、この日は冷たい雨と風で試練の区間となった。
寒さのせいか、途中お腹の具合がおかしくなり、トイレ休憩を挟んだので、記録は3時間40分をなんとか切るタイムでゴール。
記録:3時間39分25秒(ネットタイム:3時間37分54秒
  スプリットタイム:5km(27分01秒)、10km(50分58秒)、15km(1時間15分08秒)、20km(1時間41分08秒)、中間点(1時間46分26秒)、25km(2時間05分18秒)、30km(2時間30分04秒)、35km(3時間00分23秒)、40km(3時間28分23秒)

2014年2月23日
第36回読売犬山ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
この日は気温は低く寒かったものの、雲一つ無い快晴で風も無く、抜群のコンディション。
ハーフマラソンは、犬山市街や郊外の工業団地、木曽川沿いを走るコースで、土地柄アップダウンはほとんどなくフラットで走りやすい。
記録は、1時間32分台でまずまずのタイム。
記録:1時間32分58秒(ネットタイム:1時間32分18秒

2014年2月16日
熊本城マラソン2014のフルマラソンの部に出場
この日は気温は低くてちょっと寒かったが、風はほとんど無く、まずまずのコンディション。
コースは熊本市の中心部をスタートして、熊本市の南にある川尻町を往復して熊本城に戻ってくる変則的な折り返しルート。
全般的にフラットで走りやすいコースだが、最後の熊本城の上り坂がきつい。
フルマラソンとしてはまだ歴史の浅い大会だが、大会運営やランナーへのケアも万全で、とてもクオリティの高い大会だと思う。
記録:3時間29分08秒(ネットタイム:3時間27分27秒

2014年2月2日
第68回香川丸亀国際ハーフマラソンのハーフマラソンの部に出場
2年連続3度目の参加。
この日は朝まで雨が降っていたが、スタートまでには青空になり、暑いぐらいの気候。
コースは例年通り、フラットで曲がり角もほとんどない高速コースということで走りやすい。
記録は、スタート時のロスタイムと序盤の混雑を割り引けばまずまずのタイム。
記録:1時間34分58秒(ネットタイム:1時間33分17秒

2014年1月26日
第12回石垣島マラソンのフルマラソンの部に出場
4年ぶり3度目の参加。
この日は朝から断続的な雨で、スタート直後も雨が降っていたが、じきに止んで、レース後半は青空も見えて、暑さを感じるほど。
コースは石垣島の南半分を一周するルートで、全体を通してアップダウンの多いコースだが、景色は抜群。
難コースにもかかわらず、記録は3時間25分を切る好タイムが出た。
記録:3時間24分34秒

2014年1月19日
第38回サンスポ千葉マリンマラソンのハーフマラソンの部に出場
2年ぶり3度目の参加。
この日は天気は快晴だったが、風が冷たく強くて、かなり寒かった。
コースは今までと同様、平坦で走りやすい往復コースだが、行きが追い風だった代わりに、帰りは冷たい向かい風が辛かった。
記録は1時間33分台で、年末年始をはさんだ1ヶ月のブランク明けとしてはまずまずのタイム。
記録:1時間33分50秒(ネットタイム:1時間33分12秒


ホームに戻る